バストが小さい原因って?

女性は思春期なると、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵巣から「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン) 」という女性ホルモンを分泌します。それらによって身体は少しずつ女性らしい丸みを帯びていきます。バストも膨らみ始め、思春期の終り頃には「黄体ホルモン」の働きが活性化し、さらにバストは大きく成長していきます。このように正常にホルモンが分泌されていけばバストは大きく膨らむのですが、何かの原因でホルモンの分泌に問題がある場合、これらが十分に分泌されず、結果として、バストが大きくなっていかないのです。

体質?もともと脂肪が少なくバストが小さい

女性のバストを構成しているのそのほとんどは脂肪です。年齢を重ねるごとに脂肪の比重は増していきます。
それと比例して自然とバストも大きくなるのですが、遺伝的な要素などからバストを形成する脂肪細胞が少ない場合、バストも大きくなりにくいのです。いわゆる『体質です』。身体自体がスリムでバストにも脂肪が少ない方なども、豊かなバスト形成は、脂肪によってつくられますので、まずは脂肪を効果的につけることや、脂肪細胞自体を育てることを行わなくてはなりません。

乳腺の未発達でバストが小さい

乳房は、乳腺組織と脂肪組織から構成され、主に乳汁を分泌するためのもの、乳首の周りのかたい部分が乳腺組織ですが、年齢などによっても、乳房の組織構成の割合は違います。20代では乳腺組織が多くを占めていて、30代〜40代には乳腺組織と脂肪組織が混合していきます、閉経後になると脂肪組織が多く占めるようになります。また、遺伝的要素などで乳腺組織が十分発達しないことも、胸が大きくなりにくい要因の一つと考えられています。
バストが小さいのは遺伝のせいだと思っている方も多いと思いますが。バストが小さい原因は、ストレスやホルモンバランスの崩れなどが関係しています。バストの成長期に何かしらの原因で女性ホルモンの分泌が阻害されるとバストの発達に影響がある場合があります。
例えば、友人関係や、恋愛の悩み、受験など強いストレスが日々あり、長い間ストレスが続いた場合などには、女性ホルモンの分泌が減ります。女性ホルモンは、脳下垂体にある視床下部が調整していて、成長期にストレスが多いと分泌が減りバストの成長に影響が出ます。

 

その他にも、10〜20代にかけて、過度なダイエットで食事制限してしまうと、身体を作る為に必要な栄養が不足して体作りに影響が出ることがあります。成長期に激しい運動をするとエネルギーが使われ過ぎて、女性ホルモンの分泌が不十分になることもあります。
また、成長期にタバコを吸っていた場合も、ニコチンが女性ホルモンの分泌を妨げます。バストは、乳腺組織と脂肪組織から出来ていますが、乳腺が十分に発達しないと胸が小さくなります。
このことから、バストが小さい原因は、女性ホルモン分泌が何かしらの原因で阻害されたこと、遺伝要素で乳腺の発達が十分でないこと、バストの脂肪量が少ないことが関係していると言えます。
また、細身の女性でバストだけが大きい人も少ないです。バストは脂肪量とも関係しているので、太りぎみの人は自然とバストが大きくなります。

バストアップの第一歩はココから!自分好みのバストアップ方法を選ぼう

サロン・美容形成

美容外科などはバストアップの効果が期待できる一番の方法として広く認知されています。最近ではメスを使わない豊胸術が主流。エステに通う程度の予算から、確実にバストアップが可能。1回20〜40分の施術で日帰りも可能なのも人気の理由です。

サロン・美容形成バストアップ人気ランキング

バストアップクリーム

バストケアにも欠かせないバストクリーム。産後のバストのかたちの維持やハリ、弾力を戻す効果も期待できます。植物成分や美白成分が配合されているものもあり、バストに張りと透明感を与えながら潤いのあるバストを作ります。

バストアップクリーム人気ランキング

バストアップサプリ

バストアップサプリは、バストを大きくしたい人の為に考えられたサプリメントで、女性ホルモンに働きかける成分が主に配合されています。植物性分のイソフラボンやエストロゲンなどは、女性ホルモンに似た作用があり、バストアップが期待できます。

バストアップサプリ人気ランキング

バストアップブラ

寄せてあげて谷間を作るバストアップブラ。過去の矯正下着のイメージは捨ててください。バストを下着からも育てたい…という方は必見。さらに、食事、サプリメント、バストクリームでバストアップマッサージを行えば、効果も格段にアップ。

バストアップブラ人気ランキング